スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トトロが運ぶ、歓びグリッド^^
20121203totoro3.jpg

こんにちは、ご無沙汰しておりました・・^^;

10月の「安眠グリッド」の効果がすさまじく・・
これまでのふた月で、今までのわたしからは異常ともいえる行動を続けておりました(笑)
変化のお話は後ほどまとめますね^^

* * *

さて、今回のグリッドは、「トトロが運ぶ、歓びグリッド^^」です♪
こちらのトトロ、植木鉢が入っていたのですが、ふと思いついて石に変更。
すると、幸せを運んでくれるような、なんだかわくわくする仕上がりに

20121203totoro2.jpg

使用石は、右上から時計回りに
エンジェルヘアールチル、オレゴンサンストーン、ラリマー丸玉、
オレゴンオパール、ターコイズ、ロードクロサイト、真ん中にレピドライト丸玉。

実を言うと、今はこちらのトトロのもの以外に重要なグリッドをひとつ作ってあり、
そちらにほとんどの石が使われているので、参加していない石を使っているんですね。
おかげで一般的に見ると、え?歓び・・?な石のような^^?

とくにレピドライトが主張していますが、今のわたしにとって、
変化、新しいことに挑戦できることが歓びなのかもしれません(笑)

* * *

さて、安眠グリッドその後のお話を少し。
記事を書いたあと、いつも受けているセッションで「安眠=身体も安眠、細胞からのリラックス」というアドバイスを頂きました。
早速それを取り入れ、細胞までリラックス、リフレッシュできるよう、あの安眠グリッドにいくつか石をプラスしました。
ガーネットなどのガッツリした石を加えたように思います。

すると、土日はずっと布団と仲良し、ぐったりと過ごさなければ身体がもたなかった、
更にそれ以上に睡眠への執着が強すぎてずっと変われなかったわたしが、
そのパターンをあっさり解除してしまったのです(笑)

その後の流れもありましたが、おかげさまでひたすら休まない休日を続けました。
一人旅に出たり、土日も平日のように朝から頼まれて一日農作業をしたり、
友だちを呼んだり・・

今は、充実しすぎて若干バテたので、無理しすぎないようにと思っているところ。

* * *

そんなわけで、有り難くも忙しく過ごしているため、いろいろ追いつかない部分や、
記事にできるほど情報が集まらない部分もあります。

わたしが日々をなんとか仕事をしながら生活できてきたのは、間違いなく石のおかげ。
今こうして生きていられることに感謝なのです。

ただ、ひとつひとつの石とゆっくり過ごしたりもしたいのですが、
今のわたしは、どうやら石たちを組み合わせ、自然に変わっていく時期にあるようです。

時折、石をピックアップしながら、グリッドとともに流れを作っていく・・
そんな時間を過ごしながら、気づきがまとまり次第アップさせていただきますね。

マイペースブログで申し訳ありませんが、いつもご覧頂いてありがとうございます^^
これからも、どうぞよろしくお願いします


スポンサーサイト
グリッドを使う②
20121015isonokami.jpg

こんにちは^^

本日の石画像は、奈良・石上神宮にてわたしの大切な水晶と。
グリッドシリーズ、しばらくはあまり間を置かず書いていきたいと思います^^

* * *

◆グリッドの効果について◆

さて、ここから前回の続きです。
どんな設定でグリッドを作ったときも、必ず変化はありました。
ここでは、中でも印象的だったグリッドをご紹介していこうと思います^^

①ノルマ達成グリッド(苦笑)
 これは、70%くらいは成功でしたね。
 実際、数字で出てくるため、いろんな意味で効果として出しやすいのもあるかも?
 ただやる気を出すためのきっかけに作ったのですが、
 その後とんとん拍子に進むところもありました。
 自分の気持ちも、からだがきつくても集中して達成のため、動くことに素直でした^^;
 後半、自分の気持ちのブレや疲れ、いろいろな原因もありましたが、
 落ち始めた時にグリッドを組み直す気にまでなれなかったこと、
 自分の力不足等考えると、グリッドに助けてもらって70点という評価です。


②複数のグリッドを同時に展開する
 共通点のない3つのテーマを同時進行させる感覚でグリッドを作ったことがありました。
 3つのうちひとつが上記のノルマグリッド^^;
 わかったことは、当然自分の意識の向いているグリッドに効果が偏るということ。
 時間に限りがあるテーマの方が集中して取り組まなければならないので、
 いくらグリッドを作っても結果として他がおろそかになりがちです。


③聖地で作るグリッド
 某パワースポットで、こっそり、なんとなく作りたくなってグリッドを作りました。
 場所が場所のため、グリッドを作っておいた時間はものの5分程度。
 その効果は・・・なんと、グリッドと聖地の相乗効果か、つやがまったくなく、
 何をしてもエネルギー切れな石ブレスがキラキラと生気を取り戻しました^^♪
 この時は当然テーマ設定もなく、その場の雰囲気だけで作りましたが、
 石に力が戻るという意味では効果絶大でした。
 ただ、正直言って検証するにはまだまだ材料が乏しいですが。。
 人目につかないところでこっそり数分でも作るのは効果的かもしれません。


* * *

今、わたしがまとめられる結果はこれくらいです。
生活と平行し、そこまで力を入れずに来たため、これといって結果が出ていませんね^^;

とりあえずやってみよう、というところからスタートしているので、
記事にまとめればすぐに、足りないところが見えてきてしまいます^^;

気軽なノリからはじめたグリッドですが、今後はよりいろいろと深めながら、
記事を上げていきたいと思いますので、よろしければまたご覧ください。


それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました~^^


20121018isinokami.jpg

石上神宮【奈良】

グリッドを使う①


こんにちは、お久しぶりです^^;
写真が撮れなかったり、なかなか記事がまとまらなかったこともあり、
やっぱり間があいてしまいました・・・

ずいぶん涼しく過ごしやすくなってきましたね^^

* * *

本日の石は右側上より、スミソナイト、ローズクォーツ、スモーキークォーツ、
ヒマラヤ産水晶のプルパ、アメジスト、ピンクカルサイト。

急遽撮影のため、タタミの上で申し訳ありません^^;

* * *

今回のテーマは「グリッドを使う」こと。
今年に入ってから、こうした石グリッドの有用性について、実験を続けています。
記事が長くなりますので、数回にわけて今までわかってきたことをまとめてみようと思います。

ちなみに、このグリッドは“安心してゆっくり寝る”ために枕元へ作りました。
やさしい印象の石たちの出番です^^



①グリッドのつくりかた
テーマを決めて、フィーリングで石を並べるだけです(笑)
一応、私は左手を使って目があった石を順番に並べて、最後にペンデュラムでOKか確認します。
わたし自身、どこかでやってみたことがあるわけではないので
あくまでもオリジナルではありますが、きっとそれほど違わないかと。

②グリッドの調整
基本的にグリッドは放置して経過を観察します。
ふとグリッドが気になったり、違和感が出てきた場合は、石を変えたり位置を変えたり。
上の“安眠グリッド”も、現在のわたしの体調等に合わせているため、調子が変わればおそらくメンバーが入れ替わると思います。

③グリッドを置いておく期間
これは場合によって様々です。
もっと明確な目標があれば、それが叶うまで。
または自分でこのグリッドはもう解散しても良いと感じるまでです。
一から作り直したいな、と思ったらその通りに^^

④石以外のグッズも使用
これも気分の問題ですが、今回は近くにあったお守りを使ってみました。
お守りがいくつもあると、どうしても持ち歩かないものが出てきてしまいます。
せっかくなので、テーマに合えば(または自分が入れたいと思えば)、有効活用してみようかと挑戦中^^
自分の写真を使ってみたり、お気に入りの人形とかお花とか、オラクルとか。
楽しくいろいろやってみると良いと思います(笑)

⑤効果
長いもので2ヶ月半、短いもので5~6分、いろいろとグリッドをつくり実験してきました。
作っただけでとくにアクションを起こしていない場合も、グリッドの助けがあるのか・・、
そのテーマに関しては普段より動きがありました。



気になる効果については、また次回、もう少し詳細をまとめたいと思います。

それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました^^

【ジプサム】 Ligtht
20120812angel.jpg

こんにちは、ご訪問ありがとうございます^^

またしばらく間をあけるかもしれませんが、とりあえず更新です(笑)

* * *

本日の石はジプサム(石膏)のエンジェル。
この子は硬度が低いのさえ知らなかった頃やってきたため、あちこち傷があります(涙)

ジプサムの中でも透明なものをセレナイトと言います。
グリーンやオレンジのものもあって、セレナイトボールなんてかわいいですよ^^

そしてこのジプサムこそ、だいぶ前にやってきてから、一切理解ができなかった子です。
「聖母マリアのガラス」なんて言われたり、やさしい石というのも見かけましたが、
わたしにとってはどこがやさしいの?な石だったのです。



3~4年くらいかかったでしょうか・・
最近、置いてあるだけだったこの子が少し身近に感じるようになってきたんです。
それは、その「やさしさ」がなんとなくわかってきたから。

確かにひとつ次元が違うような「やさしさ」です。
それはただ、光というものに近いのかな、という感じ。

エンジェルの形をしているせいか、そんな例えになってしまいますが、
ほんとうに天使というか、惜しみなく光を与えるのだけれど、
とにかくこちらがキャッチできる状態でないとただの置物です。

ただ一度、その「やさしさ」に触れられるようになると、とても心地良い^^
今は枕元に鎮座していますが、ゆっくりできる気持ちのとき、一緒に瞑想したらきっと気持ちが良いだろうなと思います。



わたし自身少しずつ変化し、それによってジプサムと打ち解けることができるようになりました。

ただし、このジプサムとは打ち解けても、他の結晶美が美しいジプサムとかデザートローズ(砂漠のバラ)はまだよくわかりません。
なかなかハードルの高い石だとは思います。

このジプサムエンジェルが理解できなかった理由は、自覚しているんです^^;
その頃のわたしは、石に依存している部分があって、そんな状態ではこの繊細かつ穏やかなジプサムに触れても何も感じることができなかった。


この子のおかげで、おぼろげながら光というものが少しわかってきたような気がします。
そんな気持ちを込めて、タイトルは「Light」としました^^

* * *


それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました。

【ターコイズ】 加護


こんにちは^^
お盆に入りましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
わたしは休日出勤したり、暦通りに過ごしたりしております(笑)



今日の石はスリーピングビューティー・ターコイズ。
ずーっと前に、ちらりと登場したことがあるかと思います。

ターコイズは硬度が低く、樹脂を浸透させたものが多いのですが、あのつやつやが当初苦手で。。
初めて無処理のターコイズを見つけて、そのあまりのふわりとしたやさしげな表情に、
やっとその魅力を理解した次第^^;
今はアクセサリーやビーズとかも全然平気になってしまいました(笑)

* * *

今回のタイトルは珍しくすんなり決まり、加護としましたが。

そのひとのことを純粋に思って渡したターコイズはまさに“お守り”、
幸運の石となるそうですね。
産地的にもう少し身近な石でいえば、翡翠(ジェダイト)をプレゼントするのもお守りになるようです。

わたしもターコイズを人に渡したことがあります。
その人があまりにいろいろあって大変そうだったので、お守り代わりに。

石がどこかで守ってくれるのはわかっていますし、気に入る気に入らないはともかく、
わたしの気持ちを石に託したというか。
その後は、その人も(わたしから見れば)タイミング良く変わって回復されていきました。


で、みんなが幸せになれるお守りになってもらえるなら、
わたしの友だち、お世話になっている方にも送ればいいのではないかと。

単純に考えてみたんですが、以来まったくターコイズを渡そうという気持ちになれない。
実際、ターコイズのストラップくらいなら・・とお世話になった方々に渡そうと思った際、
在庫が渡したい数そろわずに断念したり、結果として別のものになったり。

ジェダイトの方は、もう少しハードル低めだなって感じます。
お世話になっている方に渡そうと思ってもそこまで抵抗がないですし・・
もちろん、まだまだ要検証ですが。

ただ、問題は色味が渋いのでアクセサリー感覚だと友だちにはまだまだ落ち着きすぎなこと?^^;

ともかく石たちには間違いなく行き先がわかっているんだな、と思います。



ターコイズはほんとうに、ネイティブアメリカンが神聖視するのも頷ける気がします。
多種多様な石たちがあるし、最近はいろんな「新しい」石があるけれど、まぎれもなく神聖な石のひとつのように感じます。

ターコイズにはじめて触れたときに「重さがない」と感じましたが、
自らを縛っている制限から一瞬で抜け出し、それが幻だと気づかせてくれる。

ストレスなどに対する癒し効果というのは、既存の枠を外してくれるからでもありそうです。

* * *

でも、ターコイズも世に溢れている割には、その真価を問うのは難しそう^^;
どの石もそうだとは思いますが。

次回も、良く見かけるけどわたしにとってはやさしくなかった、そんな石をご紹介します(笑)

ここまで読んでくださってありがとうございました^^



プロフィール

hijiri

Author:hijiri

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。