スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ジプサム】 Ligtht
20120812angel.jpg

こんにちは、ご訪問ありがとうございます^^

またしばらく間をあけるかもしれませんが、とりあえず更新です(笑)

* * *

本日の石はジプサム(石膏)のエンジェル。
この子は硬度が低いのさえ知らなかった頃やってきたため、あちこち傷があります(涙)

ジプサムの中でも透明なものをセレナイトと言います。
グリーンやオレンジのものもあって、セレナイトボールなんてかわいいですよ^^

そしてこのジプサムこそ、だいぶ前にやってきてから、一切理解ができなかった子です。
「聖母マリアのガラス」なんて言われたり、やさしい石というのも見かけましたが、
わたしにとってはどこがやさしいの?な石だったのです。



3~4年くらいかかったでしょうか・・
最近、置いてあるだけだったこの子が少し身近に感じるようになってきたんです。
それは、その「やさしさ」がなんとなくわかってきたから。

確かにひとつ次元が違うような「やさしさ」です。
それはただ、光というものに近いのかな、という感じ。

エンジェルの形をしているせいか、そんな例えになってしまいますが、
ほんとうに天使というか、惜しみなく光を与えるのだけれど、
とにかくこちらがキャッチできる状態でないとただの置物です。

ただ一度、その「やさしさ」に触れられるようになると、とても心地良い^^
今は枕元に鎮座していますが、ゆっくりできる気持ちのとき、一緒に瞑想したらきっと気持ちが良いだろうなと思います。



わたし自身少しずつ変化し、それによってジプサムと打ち解けることができるようになりました。

ただし、このジプサムとは打ち解けても、他の結晶美が美しいジプサムとかデザートローズ(砂漠のバラ)はまだよくわかりません。
なかなかハードルの高い石だとは思います。

このジプサムエンジェルが理解できなかった理由は、自覚しているんです^^;
その頃のわたしは、石に依存している部分があって、そんな状態ではこの繊細かつ穏やかなジプサムに触れても何も感じることができなかった。


この子のおかげで、おぼろげながら光というものが少しわかってきたような気がします。
そんな気持ちを込めて、タイトルは「Light」としました^^

* * *


それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーサイト
【ターコイズ】 加護


こんにちは^^
お盆に入りましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
わたしは休日出勤したり、暦通りに過ごしたりしております(笑)



今日の石はスリーピングビューティー・ターコイズ。
ずーっと前に、ちらりと登場したことがあるかと思います。

ターコイズは硬度が低く、樹脂を浸透させたものが多いのですが、あのつやつやが当初苦手で。。
初めて無処理のターコイズを見つけて、そのあまりのふわりとしたやさしげな表情に、
やっとその魅力を理解した次第^^;
今はアクセサリーやビーズとかも全然平気になってしまいました(笑)

* * *

今回のタイトルは珍しくすんなり決まり、加護としましたが。

そのひとのことを純粋に思って渡したターコイズはまさに“お守り”、
幸運の石となるそうですね。
産地的にもう少し身近な石でいえば、翡翠(ジェダイト)をプレゼントするのもお守りになるようです。

わたしもターコイズを人に渡したことがあります。
その人があまりにいろいろあって大変そうだったので、お守り代わりに。

石がどこかで守ってくれるのはわかっていますし、気に入る気に入らないはともかく、
わたしの気持ちを石に託したというか。
その後は、その人も(わたしから見れば)タイミング良く変わって回復されていきました。


で、みんなが幸せになれるお守りになってもらえるなら、
わたしの友だち、お世話になっている方にも送ればいいのではないかと。

単純に考えてみたんですが、以来まったくターコイズを渡そうという気持ちになれない。
実際、ターコイズのストラップくらいなら・・とお世話になった方々に渡そうと思った際、
在庫が渡したい数そろわずに断念したり、結果として別のものになったり。

ジェダイトの方は、もう少しハードル低めだなって感じます。
お世話になっている方に渡そうと思ってもそこまで抵抗がないですし・・
もちろん、まだまだ要検証ですが。

ただ、問題は色味が渋いのでアクセサリー感覚だと友だちにはまだまだ落ち着きすぎなこと?^^;

ともかく石たちには間違いなく行き先がわかっているんだな、と思います。



ターコイズはほんとうに、ネイティブアメリカンが神聖視するのも頷ける気がします。
多種多様な石たちがあるし、最近はいろんな「新しい」石があるけれど、まぎれもなく神聖な石のひとつのように感じます。

ターコイズにはじめて触れたときに「重さがない」と感じましたが、
自らを縛っている制限から一瞬で抜け出し、それが幻だと気づかせてくれる。

ストレスなどに対する癒し効果というのは、既存の枠を外してくれるからでもありそうです。

* * *

でも、ターコイズも世に溢れている割には、その真価を問うのは難しそう^^;
どの石もそうだとは思いますが。

次回も、良く見かけるけどわたしにとってはやさしくなかった、そんな石をご紹介します(笑)

ここまで読んでくださってありがとうございました^^



【プレナイト】 凪


こんにちは^^ご訪問ありがとうございます。
久しぶりの記事を書ける気分ですので、以前撮ったものからひとつ。

こちらは見たままですが、プレナイトのペンダントです。
かわいいマスカットカラーで、ぷるぷるおいしそうな子なのです^^
初夏から夏が似合う、さわやかなカラー。さすが「ぶどう石」っ^^

* * *

ではでは、ここからはマジメに。

プレナイトちゃん、こんなにかわいいのに、「真実を見抜く石」という意味もあります。
個人的には、PTだからか、それだけでもないのか、外出時に身につけたくなる子。
身につければ不思議とこころ静かな時間を過ごせます。

無理せず自然体というか、わたしはどうしたかったんだったっけ?、と今一度自分に問いかけられる。
プレナイトといると、自分を見つめている中で感情がざわざわと騒いでもなお、片隅に静寂を保つ気がします。

青い石たちは精神の静けさの中にあって、緑の石はハートや、感情の静けさなのかな。
わたしを満たすには何が必要なのか、なんて普段絶対思いつかないようなこともぽんぽん出てきます(笑)
ハートが満たされてこそ、なんて、そんな感覚^^;

こころ静かな場所で素直になると、わざと忙しくして見えないふりをしたりする自分なんて
ごまかせなくなってしまうから、真実を見抜くと言われるのかもしれません。

最後に、「ただ石を感じる」という言葉が浮かんできました。
慌ただしい毎日の中、目標を立てて生活習慣も含め変えて進んでいこうと取り組む今、
ただ感じることというシンプルなことができていなかったと知りました。
とくにいろんな気持ちも出てくるので、意外と難しかったり^^;

改めて、石を純粋に感じる時間を大切にしていきたいと思ったのでした^^


* * *

ここまで読んでくださってありがとうございました**

【レピドライト】 岐路
20120423repido.jpg

こんにちは。またも間が開いてしまいました^^;
一日一日が目まぐるしくて、正直PCをつけるヒマもなく・・
やっと一段落しまして、石たちと過ごす実感が戻ってきたところ。

あ、金環日食は運良く晴天の中見られました~^^
キレイに環が見えたのは本当に一瞬の出来事で・・不思議でしたね。天体showに感謝*

* * *

さて、本日はアフリカ・モザンビーク産のレピドライト&紫な石たち。
紫石たちは、左よりスギライトポリッシュ、フローライト、アメジストクラスター。

そしてレピドライトといえば、「変革の石」です。
新しい挑戦の際にも抵抗なく変化していけるという・・

しかしながら、わたしの中では、同じ「変化」に対応するにも、メタモの「変容」の方のイメージが強かったりしました。
なぜメタモの話が出てくるかと言いますと、実はたまたま手持ちのメタモをひとにプレゼントして、それと入れ替わるようにレピドライトがやってきたので。

リチウムを含むことから実際、リラックスも得意そうだし、雲母なのでキラキラとキレイ。
優しい顔で、やることはしっかりやってくれる頼もしさを感じます(笑)

とにかくいろいろあって、癒されつつ、でも変えていこう!みたいな・・
しかも、メタモの変容は水晶系らしく精神面への働きかけが強い気がするけれど、
レピドライトは本当に「変革」というか現実的というか。

紫の割にはだんだんと現実世界に手をつけ始めて、気づけば自分の感じる世界を構成している要素、そういうものを取捨選択していく感じです。
自分を大切にするのに今必要なものを最大限選んで、進むようにというか。
そう、今のところ知らないうちに大筋でレピドライトが主導権を握っている感じ・・^^;


なんだかんだ岐路に立っている今ですが。。
その先の道を、またレピドライトとレポートしてみたいと思います^^

* * *

せっかく新緑が美しいというのに、季節感が全くないむらさき色という。。
緑石で載せられそうなのがあったらアップしたいです^^;


ここまで読んでくださってありがとうございました。


【ピンクフローライト】 さくら色


こんにちは、お久しぶりです^^;
なんだか慌ただしくて、週末、雨天が多かったのもあり、写真も撮れず。
あっという間にひと月が経ってしまいました。

今回の石はピンクフローライトちゃん。
イタリア・モンテビアンコよりやってきた、さくら色のかわいい子です。

この時期を彩るにふさわしい、こころを和らげてくれるピンク色。

この色合い、写真ではやっぱりうまく撮れませんが本当に感動します^^
ローズクォーツやモルガナイト、クンツァイトのピンクともまた違うやわらかさ。
わたしにとってはピンクフローライトが一番、さくらに近いかな~。

20120420pinkfluo.jpg

そんなピンクフローライトと、京都・龍安寺の石庭にて^^
思ったより小さなお庭でしたが、なんとも瞑想的な空間で、とても気に入りました。
石庭には石を連れて行かないと・・^^?

京都でのお花見へは同行したい(?)という石がたくさんいて、結構ガサガサ連れて行きました。
でも、一緒に写真を撮れたのはこれだけ。
というか、SDカードを入れるのを忘れていて、ほんの数枚しか撮れなかったのです^^;


まだお迎えしたばかりでいまいちどんな子なのかわかりませんが、
一年に一度の時間を共に味わえたピンクフローライトに感謝して*^^*

20120420sakura.jpg


ここまで読んでくださってありがとうございました^^

プロフィール

hijiri

Author:hijiri

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。