スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石に託す、石が宿すテーマ
こんにちは、ご訪問ありがとうございます^^
拍手ぱちぱちしてくださった方、ありがとうございました!
励みになります

* * *

本日のテーマは、手元に来る石たちに共通するもの。

わたしのところの石たちには「テーマ」や「目的」があるようで、石を選ぶときからそれを意識しているようです。

たとえば映画鑑賞で、わたしは必ずテーマ設定をします。
この感情を乗り越えたいから、そのためにこの映画を見る・・必ずそういう気持ちで鑑賞します。

同じように、石を選ぶときにもなにか乗り越えたい、変わりたいところを設定し、それを石に託しているのではないか、と。

「テーマ」を持たない石はわたしのところにはあまりありません。
もしもそれがわからないなら、まだ時期ではない。
その子の宿すテーマに達することができない、まだそのレベルではない、とわたしは受け取ります。

なぜなら、そのテーマを学んでいる時期になれば自然と石の輝きが変わるから。

ちょうど最近、泥かなにかが入り込んだらしい、グレーのガーデンファントムが突然輝きだしています。
このガーデンファントムのテーマは「光と闇」。
この子を一目見て、そう感じました。

少し影のあるグレーとレインボーの見えるクラック。
強い光でも乗り越え包み込む闇でもなく、中間のグレー。

確かにいま輝くにふさわしい石なんだと思います。

* * *

こちらのブログを立ち上げてから石について考えたりすることが増えました。
自然と理解も深まっていくのか・・ようやくこころを開けそうな石がひとつあります。

それはわたしにとってどう頑張っても理解できなかった「ピンクトルマリン」。
トルマリンが、どう付き合えばいいかわからない石の代名詞なわたしとしては大きな進歩です^^

また単体で写真を撮れたら・・記事を書きたいと思います

ここまで読んでくださってありがとうございました*^-^*


(事務連絡:本日、別ブログからの過去の石記事たちをこちらに移動&公開しました。)

Secret
(非公開コメント:受付中)

プロフィール

hijiri

Author:hijiri

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。